新しい時代を切り開く総合出版社!

創藝社

ホーム > [Novel] > 寒来光一のいいちゃもんノート

Books -出版物-

寒来光一のいいちゃもんノート

たとえば、「ドタキャン」である…そんな調子で、世の中のちょっと変な言葉や流行、ことわざなどに、片っ端から「いちゃもん」を付ける。だけど、その「いちゃもん」には愛情が満ちあふれ、ゆるーく異議を唱えるようなやさしさがある。だから「いい・いちゃもん」=「いいっちゃもん」で、今日も明日も“あっ! かるーい”。世の中の見方が180度変わる笑エッセイ集。

著者略歴
<寒来光一>
1953年生まれ。宮崎県延岡市出身。福岡県北九州市在住。1999年、「読む漫才」をテーマに執筆活動を開始。2002年、脱サラして本格的な執筆活動へ。ペンネームの“寒来光一”は、「寒いギャグを飛ばしているうちに、いつかきっと一番光り輝く日が来るだろう」という願いをこめて名づけた。日本笑い学会会員。

寒来光一のいいちゃもんノート 表紙

価格(税込):1,337円

発売日:2007年12月10日