新しい時代を切り開く総合出版社!

創藝社

トップ >  > 日本図書館選定図書に選定!! 絶賛発売中 「双頭の龍」-田中角栄と周恩来-

News -ニュース-

日本図書館選定図書に選定!! 絶賛発売中 「双頭の龍」-田中角栄と周恩来-

2016/04/05

田中角栄

1972年の日中国交正常化から40年……。
中国の新聞が「双頭の龍」と絶賛した田中角栄と周恩来。
この2人が実現した”日中国交回復”という史実は、千年後の歴史書にもきっと書かれていることだろう。
そんな歴史的偉業をなし得た裏にはいったいどんな苦労があったのか。
田中角栄と周恩来の交流と青春を軸に、日中国交正常化の瞬間を壮大なスケールで描く長編大作小説。

プロローグ
第一章 角栄 一期一会
第二章 周恩来 百尺竿頭
第三章 日中国交正常化調印
エピローグ 生涯の輝ける日、昭和47年9月29日

【著者プロフィール】
石森史郎(いしもりふみお) 脚本家
1931年 北海道生まれ。日本大学芸術学部卒業。在学中、19歳で第4回映画シナリオコンクールに処女作「晩鐘」入選。1959年日本テレビ系テレビドラマ「ママちょっと来て」で脚本家デビュー。以降も映画「夜霧を今夜もありがとう」「愛と誠」「銀河鉄道999」テレビ「おれは男だ!」「仮面ライダー」「ウルトラマンA」「必殺仕事人」など、数々のシナリオを手掛け、現在も映画脚本界」の巨匠として名を轟かせている。

「双頭の龍」-田中角栄と周恩来-
→ 購入はこちら
→ amazonで購入はこちら